suhyeon-choi-G9XMLUAjETM-unsplash (1).jp

マダネ プロジェクト 参加者の声

仲川まなみさん(仮名)

42歳・既婚・パートタイマー(化学メーカー事務)

マダネ プロジェクト参加回数:4回

参加の動機

 去年の夏、「子どもがいない」ことにモヤモヤすることがあったんです。それまでは割り切れていると思っていたのに、そうではなかった自分がいて、そんな自分にもモヤモヤしてしまって。ついスマホで「子どもなし」とか「おひとりさま」っていう言葉を検索していたら、マダネ プロジェクトのホームページにひっかかりました。「子どもがいない」っていう人たちが、その1つのキーワードだけで集まって共有している場があるんだなと初めて知って、興味がわきました。それで去年の秋頃に初めてオンラインで参加しました。

子どものいない理由

 特に理由がないんです。なんとなくご縁があって29歳で結婚して、なんとなくいつか普通に子どもができる。そういうふうに思っていたら、ある時できないなって気づいて。結婚して1年経たないうちに不妊治療で有名な病院にかかりました。風邪を治すみたいな軽い気持ちでいったのに、だんだん雲行きがあやしくなって、結果、原因不明で結論づけられたんです。でも私の場合、すごく子どもがほしいわけでもなかったんですね。だから、つらい思いをしてまで2人の人生に子どもが必要なのか、夫とすごく話し合いました。夫も私もそれぞれ趣味をもっているので、子どもがいなくても穏やかに静かに暮らしていければいいねって。子どもがいない分、お互いに自分の時間を楽しんでいます。

今の気持ち

 「子どもがいない」というのは内容がセンシティブなことに触れたりもするので、誰にでも話せることじゃないですよね。でもマダネは前提としてそのことを共有している場なので思うことを吐き出しやすいと思います。何気ない日常の中でも「子どもがいない」ことを実感させられる時ってけっこうあります。そのことに自分で無意識にふたをして過ごしてしまっていることも意外とあるんだなって気づかされました。だから参加することで、溜まっていた心の汚れみたいなものを掃除できたように心が軽くなった気がします。同じ「子どもがいない」女性でも、それぞれの立場でさまざまな想いや状況があることを知って、視野が広がっているように思います。

宇田川ひろえさん(仮名)

48歳・既婚・NPO団体職員

マダネ プロジェクト参加回数:2回

参加の動機

 以前は子どもを持っている人を心のどこかでうらやましい、疎外感や自分には何かが欠けているのでは…と、自分で自分を責めていたところがありました。多数派の意見が重視される世間で、そのように考えてしまう自分は少数派だ…嫌だなと思っていました。ある時、ハフポストのコラム「子どものいない40代女性たちは、なぜこんなに息苦しく、生きづらいのか」を見つけ、Facebook上でマダネ プロジェクトのオンライン交流会を知り、参加しました。皆さん、「子どもがいない」という共通点はあるものの、背景、事情、思いもさまざまで、参加して本当に良かったです。

子どものいない理由

 28歳の時に結婚しました。仕事もしていましたし、30歳を過ぎ、36歳くらいまでは自然妊娠を疑うことなく、子どもができると思っていましたが、妊娠はできませんでした。自然妊娠する力が私にはなかったのかもしれないけれど、人工的な方法は自然の摂理に逆らっているような気もして、不妊治療に対して少し抵抗がありました。しかし、年齢に対する焦り、周囲からの「子どもはまだ?」いうプレッシャー、そして「50代になった時に後悔したくない」という思いもあり、40歳を目前に不妊治療に踏み切りました。不妊治療は体外受精でしたが、年齢的に卵子も減ってくるので受精卵の冷凍に至るまでもが厳しい状況でした。そのような現実と、冷凍した受精卵がもうこれで最後となった時、その結果を聞いて不妊治療を終えることにしました。治療期間は約2年。後悔はしていません。

今の気持ち

           

 参加した会で「罪悪感」というテーマが出たのですが、そもそも私にはない考えだなと。でも、終了後に夫の遺伝子を残せなかったという夫に対する罪悪感があったことにふと気づいたのです。後悔がないように生きてきたつもりでも、違う場合もあるのですね。実際に口に出してみることで、本当の気持ち、また自分自身の今までの変化や進化にも気づけました。マダネ プロジェトでいろいろな考えの人を知り、またさまざまな人とつながりたいという思いが強くなりました。