①jr-korpa-lBPtkH1Sel4-unsplash.jpg

マダネ プロジェクト 参加者の声  Vol.2 

豊島絵美さん(仮名)

46歳・既婚・教育分野の仕事

マダネ プロジェクト参加回数:3回

参加の動機

 40歳までの約6年、仕事をしながら不妊治療をしていましたが、うまくいかず、里親制度にも関心を持つようになりました。ところが夫と考え方があわなくて、妊活も里親も断念せざるを得なくなりました。「じゃあ、子どもがいない人生ってどんな感じだろう?」と。私はひとつのことに打ち込むと周りが見えなくなりがちなのですが、ネットで検索したり本や記事を読んだり、研修会があれば参加したりと手当たり次第にできることをしていたら、子どもがいない人生を発信している人がいる、そういう人たちの集まりがあると知りました。地方に住んでいるのでオンラインが広まったことも大きかったです。

子どものいない理由

 29歳で結婚して、臨時で働いていた私としてはすぐにでも子どもがほしかったんです。でも夫は違いました。就職氷河期世代だったので30歳という年齢を意識しつつも、ちゃんと就職したかった。両方並行してやりたかったけれど夫の同意を得られず、3年くらい就職試験を頑張り、34歳の時に正規で子どもに関わる仕事に就きました。仕事はとにかく激務でしたね。毎週鍼に行かないと体調管理もままならない中で妊活、そして不妊治療に入りました。しんどかったです。タイミング法から顕微授精までしても初期流産してしまう。不育検査をして治療をはじめても効果が出ない。もう心がもたないなと…。それで40歳で治療を辞めました。治療時から考えていた里親制度を開始するも、子どもの迎え入れ方など、私と夫の間でどうしても考えが折り合わなかった。結局、里親も断念することになりました。

今の気持ち

 実は、2年前に里親のことで夫との話し合いが決裂して、今は離婚に向けて別居しています。マダネ プロジェクトの会などで子どもがいない人の話を聞いたり、ネットなどで記事を読んだりする中で、私のように離婚まで考えている方はあまりいないけれど、どういう気持ちで今に至っているか、今はどういうことをされているかを知って、視野が広がりました。会に参加すると同世代やさらに上の人たち、50、60代の方がいる。私は長女だったこともあって、自分より上の世代の人と日常的につきあうことになかなか目が向きにくかったんです。それまでは過去のことばかり考えていたけれど、子どものいない方の生活をいろいろと知るにつけ、今は少し将来のことが想像つくようになってきました。そういう意味では、安心感というか、現実的になったように思います。

           

white_masu.jpg
white_masu.jpg